iphoneを買取業者に売る前に設定の確認を

iphoneは、ユーザーが安心して利用するためのセキュリティの関係や、便利に利用するためのさまざまな機能から、アカウントと端末が紐付けされています。そのままの状態で次のオーナーが手にした場合、使用するために初回起動時に行うアクティベートができなくなるばかりではなく、アカウントのデータが第三者に閲覧できてしまう可能性があるため、買取業者に売る前に、準備をしておかなければならないことがあります。 もっとも、一般的な業者では、利用規約やガイドラインにより、アカウントと紐付けられたデバイスの買取をしていないケースがありますが、自身に対する万が一のトラブルを回避したり、次のオーナーに迷惑をかけないためにも、査定を依頼する前に、事前の準備をしておきたいところです。

設定の確認をしないとどうなるか

アカウントとiphoneが紐付けられている場合は、次のオーナーによるアクティベートができないばかりではなく、同期を利用していた場合は、それらのデータにアクセスすることが可能で、プライベートな写真、メール、メッセージアプリのやりとり、連絡先などが閲覧できてしまいます。また、オンラインショッピングのアプリや、AppStoreなどの登録情報にアクセスできれば、決済に利用したクレジットカード番号も、第三者が利用することが可能な状態になっています。そのようなアカウントとデバイスの紐付けを解除できるのは、原則として本人のみであることから、多くの業者では、そのような状態での買取を拒否しています。 これらの機能は、もちろんユーザーが安心して便利に利用するためのものですが、デバイスを他人に売却したり、譲渡する場合には、細心の注意が必要です。

アカウントとデバイスの紐付けを解除する

まず、やっておかなければならないことが、アカウントと端末の紐付けの解除です。紐付けられた状態では、アクティベーションロックによって保護されており、次のオーナーがデバイスの初期化やアクティベートができません。そこで、iCloudにサインインし、「iphoneを探す」を利用していた場合は、「すべてのデバイス」のリストの中から対象のデバイスを選択し、最後に「アカウントから削除」を選択すれば、アカウントとデバイスの紐付けが解除され、初期化や新規のアクティベートが可能な状態になります。 つづいて、デバイスの初期化を行い、ウィザードの指示に従って進行すれば、最後に再起動が行われ、リンゴのマークの後で「ようこそ」の画面が表示されたら、一連の作業は完了です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加