iphone買取の流れをご紹介

最近では不要になったiphoneを買い取ってくれる業者や店舗が数多くあります。インターネットでは出張買取までしてくれるところもあります。機種にもよりますが、状態が良いものであればそれなりの金額で買い取ってくれます。傷や使い方で機種が傷んでいないかどうかも重要な要素ですが、あとは機種の本体保存容量によっても変わってきます。 もちろん保存容量が大きい方が高値が付きますが、買い取りに関しては期待するほどの金額で買い取ってもらえないのが常です。しかし携帯電話会社で機種変更の際に下取りに出すよりは高値になりますので売りに出した方が良いのですが、かなり傷んでしまっている状態であれば買い取ってもらえないか値がつかないこともありますので、そのような場合は下取りに出した方が良いでしょう。

iphoneを買い取ってもらうための条件

iPhoneを買い取ってもらうためにはいくつかの条件があります。まずは電源が入ることです。これは最重要項目となります。電源が入らなければ動作確認ができませんので、買い取りのためには電源が入ることが最重要となります。そのほかは中のコンピューターが壊れていないかの動作確認になります。iosがきちんと正しく動作するかも重要な要素となります。今後お店で買い取った機種をほかの人に売ることを考えると、きちんと動く機種かどうかの判断が必要になります。 また、あとは機種の損傷になります。画面に傷が無いかどうか、液晶焼けが起きていないかなど、使う古してしまって傷んでいないことも、買い取りの際には重要な要素となります。あとはできるだけ付属品がついているかも買い取り価格に影響します。

中古iphone買取までの流れ

iPhone買い取りの流れは至ってシンプルでとても簡単です。まずは買い取りを依頼します。まずは相場を調査します。iPhoneのシリーズ、本体容量によって買い取り相場がほとんど決まっています。使用状況によって買い取り上限金額が変わっています。基本的にここの上限金額が高いところで売るほうが良いでしょう。次に初期化し、動作確認をします。ここで問題が無ければ査定金額で買い取りが行われます。買い取りの際は、免許証かパスポートなど、本人確認書類が必要となります。契約時と同じで、国家や行政機関発行でなおかつ顔写真があるものに限ります。それのコピーを取ります。 買い取りに関しては転売や盗品の横流しを防ぐ目的で個人情報が扱われます。必要な時には捜査機関に提出されることもあります。特に問題が無ければそのまま買い取り金額をもらうことができ、現金を手に入れ買取手続きは終了します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加