iphoneの買取依頼方法とその必要書類について

iphoneは、毎年最新モデルが発売されていますが、古いモデルでもまだまだ需要があります。そのため、古いモデルや壊れたものでも意外な値段がつくことが多くあります。買取方法としては、専門業者に売却すること、フリーマーケットアプリなどで個人間の売買をすることが一般的です。また、その他の方法としては、新しいモデルを購入する際に下取りに出すこともできます。 しかし、できるだけ高値で安心して売却するなら信頼できる専門業者を利用することもお勧めです。その理由は、携帯電話会社の下取り価格を予め把握している場合が多く、その価格よりも良い値を提示する業者が比較的多いからです。さらに、売却を検討している段階でも、価格の目安をインターネット上に表示していたり、無料査定を自宅にいながら行えるため、値段の目安が予めわかりやすい特徴があります。

専門業者の選び方と利用方法について

多くの業者が全国からの依頼を受け付けています。そのため、利用する業者をインターネットサイトから検索することになります。口コミなどを参考にすると良心的な会社に行きた当たります。そこで、無料査定を試してみることが第一歩となります。そのまま入力フォーム通りに進めば、買取依頼をすることもほとんどの場合できます。もちろん、電話で依頼することや無料査定のみを行うことも可能です。ただし、未成年者からの依頼は断られることが大半です。 また、業者によっては、売却キットを自宅に郵送してくれる会社や着払い可能な良心的な業者もあるため、価格と合わせて検討すれば、より高値で自宅にいながら手軽に売却することができます。iphoneは到着しだい、検品が行われ、売却意思を示せば、銀行口座などにお金が振り込まれて売買成立になるシステムです。

買取業者に依頼する場合の必要書類について

有効期限の切れていない運転免許証、健康保険証、国民健康保険証、後期高齢者医療保険証、パスポートなどの公的な証明書のコピーや申込日の3ヶ月前までに発行された住民票の原本の送付が必要となります。そのうえ、これらの証明書に記載されている住所や氏名が依頼する際のiphoneの売却フォームと一致している必要があります。さらに、部分的な黒塗りは無効になることも多いため、事情がある方は確認が必要となります。 また、有効な書類については、依頼する業者によって若干異なりますが、古物商の法令により確認が義務付けられているものですから、きちんとした業者に依頼する際は必ず送付を求められることになります。 最後に、一度送付した書類は返送されることはありません。しかし、法律に則って適切に管理されるため心配は全くいらないことが一般的です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加